みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
チョップドサラダがNYで大流行ってほんと?
0
    こんな記事を見た。
    なんでもニューヨークでは、チョップドサラダといって、材料を同じぐらいの大きさにすべてカットしたサラダが流行っているとか。

    なんだ、それってわたしがいつも食べているのといっしょじゃん?
    1年ぐらい前から毎日ボウル一杯のサラダを食べ続けている。サラダは大きなボールに大量に作って、欠かさず冷蔵庫に冷やしておく。夫婦で2日で食べきるので1日おきに作っていることになる。

    わたしのサラダの中身は十種類以上の野菜を入れることを心がけている。キャベツ、にんじん、ラディッシュ、ロメインレタス、リーフレタス、きゅうり、ピーマン、パプリカ、ベビーペッパー、セロリーなどをお箸で食べやすいようにじゃんじゃんスライス、スライス、スライス。食べるときさらに、オニオン、パクチー、トマト、ビーツ、ゆで卵、アボカドを添える。あれば、手作り焼き豚やビーフのたたきなどを加えることもあるので、これだけでも栄養満点!

    冷蔵庫にはいつもこのサラダを作っておく
    買ってくるドレッシングはオイルが多すぎて、油に弱いわたしの胃袋は受け付けないので、ドレッシングもホームメイド。いちばんお気に入りはゴマドレだけど、オニオンキャロットドレッシングとか、パクチーオニオンとか、冷蔵庫にあるものを手当たり次第使ってしょうゆベースのドレッシングでいただきます。


    これを食べるようになってから、ビタミンCがたっぷり取れるからか風邪ひかないし、花粉症もよくなったし、体調がすこぶる良好。今や、やめられない我が家の食のカタチ!♪ぜんぜん飽きないのが不思議。


    JUGEMテーマ:健康料理
    | yahoi | 作ったよ。食べたよ。 | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    やっぱ、栗きんとんでしょ!
    0


      落葉樹が多いので紅葉がほんとに美しいの。ただ、このところなかなか青空にめぐまれないのが残念。サモアから越してきたばかりのころは秋の織りなす色の美しさに心底感動したものだ。気温のアップ&ダウンで紅葉が長く楽しめる年、一斉に色づく年など、美しさは毎年、微妙に違うんだけど。


      お友だちに栗をいただいた。わたしは行ったことないけど、どうもミシガン内に栗ひろいのできるところがあるらしい。

      さてさて、中部地方出身としては、秋の味覚といえばいちばんに浮かぶのは“栗きんとん” 秋に中津川や恵那に行けばおみやげは必ずコレ。もっとも、高価なので自分では買ったことなかったけど。日本にいるころは、秋になるとご近所さんが大量の栗をくれたので、た~くさん自家製栗きんとんを作ったものだ。


      なので、「生栗」をいただけば迷わず栗きんとん。ハイ、いただきます。

      熱い緑茶とこういうのが美味しいって、どこにいてもやっぱり日本人だね。栗きんとん栗秋


      JUGEMテーマ:これ食べた、これ作った
      | yahoi | 作ったよ。食べたよ。 | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      プリンは飽きない
      0

        もう1年ぐらい経つかな。ほぼ1日か2日おきにプリンを作っている。

        冷蔵庫にプリンが入っているとMikiがとっても喜ぶ。食べるときにも「うまい、うまい」を連発。帰宅して、冷蔵庫にプリンがないとがっくりする。そんな様子を見たら、作るのをやめられなくなった。そのうち飽きるだろうから、飽きるまでは作ってあげようと思い、始めたけどまだ飽きないらしい。

        大きなお鍋に毎回、8個ずつ作って冷蔵庫にいれておく。なくなって来るとまた作るを繰り返している。牛乳、卵、砂糖のみの無添加デザート。日本のようにコンビニに走ればいろんな種類のプリンが売っているってことはないので、作るしかない。スーパーに行けばFlan の名前で似たようなものはあるけれど、コンデンスミルク使用だからか、とってもリッチで甘すぎる。もちろん添加物だらけ。


        わたしのプリン。
        カスタード型8個分

        卵(中~大)6個
        牛乳 750cc
        砂糖 テーブルスプーンで5~6杯だけど、最近はステビア入り砂糖を使うのでその半分ほど。
        カラメル用砂糖、大さじに2or3杯 水 少量

        1 卵をとく。
        2 牛乳をあたためて砂糖を溶かす。
        3  カラメルを作る。
        4 溶いた卵に砂糖のとけた牛乳を加える
        5 型にできたカラメルを入れてから液を流し入れる。
        6 弱火の鍋で30分ほど湯煎蒸し。


        カラメルの焦げ具合とか、お鍋の温度や調理時間により、毎回微妙に出来方がちがうのがおもしろい。たまに温度が高いとスが入ってしまう。弱火でゆっくりだとキメの細かいソフトなプリンができるみたい。さてさて、プリンいつまで作り続けるのだろう。

        プリンで機嫌がよくなるならお安いご用ってもんよ。まぁ、わたしも飽きずに毎日食べているけれど……。




        JUGEMテーマ:これ食べた、これ作った
        | yahoi | 作ったよ。食べたよ。 | 08:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
        キャベツの消費
        0

          日本ほど野菜の種類が豊富ではないこともあり、アメリカ暮らしは野菜が不足がちになる。たっぷり野菜を食べられるように、ほぼ1日おきにボールいっぱいのサラダを作る。いれるものはキャベツ、ロメインレタス、人参、ラディッシュ、セロリー、きゅうり、ピーマン、パプリカ、リーフレタス、ビーツなどなど、サラダで食べられるものならなんでもスライサーと包丁で食べやすくして混ぜる。大事なのはカラフルなこと~!♪♫これを作って冷蔵庫に入れておく。


          食べるときにはさらに、アボカド、トマト、茹で卵、魚介類や肉類などを加えるので、かなりのボリューム。いつでも食べられるのでとっても便利。便利だけをいうなら、スーパーに行くと袋に入ってできあがったサラダが売られていて、アメリカ人の多くが袋のサラダを利用しているようだけど、わたしはどうもケミカルな味を感じてしまうので受けつけない。新鮮さを保つために、薬品につけてあるそうだから、ケミカル臭があるのもあたり前だ。

          ひまわりのタネと材料を入れてNinjaで混ぜるだけ。
          ドレッシングも2日おきに作る。いちばん人気はゴマドレ、最近実験してみて気に入ったのが、ひまわりのタネドレッシング。ゴマがおいしいなら、ゴマの代わりにビタミンEが豊富なひまわりのタネでもと思いたち、トライしてみたら、これがなかなか濃厚でイケル。(酢と醤油、ひまわりのタネにガーリック少々、生姜少々に、メープルシロップ)

          先週、アメリカ人に「大きなキャベツを買ってしまったけど消費の仕方がわからない。コールスロー以外になにかいいレシピ知らない?」と聞かれた。基本的に味覚がちがうので、わたしがおいしいと思うものをおいしいと感じるかは疑問。うちではサラダ、炒めもの、漬け物、スープの具にとキャベツなしでは生きられないぐらいだわ。

          JUGEMテーマ:これ食べた、これ作った
          | yahoi | 作ったよ。食べたよ。 | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
          コールドストーンのアイスクリーム
          0
             ハイスクールのジャスバンドの練習を終えて帰宅した息子が開口一番、

            「お母さん!コールド・ストーンが、オープン何周年かでフリーアイスクームを配っているらしいから行ってくるね」

             外は銀世界だというのに、アイスクリームとはまたまた、より凍える話だな、などと思いながら、「ほ〜い。行っといで〜」と送り出す。

             友だちといっしょに車で2分ほどのアイスクーム屋に出かけたと思ったら、手に抱えきれないほどのカップアイスを持って帰って来た。お店では、ほしい人に、いくらでもアイスクリームを無料で配っていたという。もらってきたアイスを必死に冷凍庫に収めようとするけど、入りきらないので、「いぇ〜食べちゃえ〜」とふたりで食べ始める。

            コールドストーンのアイス
             実は、つい最近まで、このコールド・ストーンが日本にもあることを知らなかった。東京では行列のできるアイスクリーム屋だと聞いてへぇ〜。

             私の住む町には、日本食レストランもないくせに、コールドストーンはある。私の口には甘すぎるし、アイスクリームにしては高価なので、滅多に行くことはない。ここのコールド・ストーンに行列ができているなんて、見たことないどころか、冬の長いミシガンでアイスクーム屋だから、1年のうちほとんど閑古鳥が鳴いている。前を通り過ぎるたび、潰れやしないかと心配している。(よけいなお世話!)これまた、ところ変わればだと思う。

            同じアイスクリームでも、行列の末食べた方がおいしいんだろうな……。

            にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ   blogranking






            | yahoi | 作ったよ。食べたよ。 | 07:26 | comments(3) | trackbacks(0) | - | -
            アーミッシュ・フレンドシップ・ブレッド
            0
              10日ほど前に、アーミッシュ・フレンドシップ・ブレッド(Amish Friendship Bread)というパンを友だちが届けてくれた。食べたらおいしかったので、「おいしかったよ」と伝えたら、「じゃあ、そのパン種ほしい?」と言うので「ほしいほしい!」と二つ返事。そしたら、先週の火曜日に、作り方の紙とこのパン種が届いた。
              アーミッシュフレンドシップブレッドの素
              タイトルにアーミッシュとついているので、アーミッシュ製法によるものかと思い調べてみたけど、有力な情報はみつからず。

              日本語ではこんなエッセイやブログがみつかった。
              ・フレンドシップブレッド
              ・4人の子持ち母さんのブログ

              英語版のウィキペディア
              によると、これは、1990年ニューヨーク州のガールスカウトが起源というような説明があるものの、アーミッシュ独特のなにかというようなことは特に記されていない。

              もし、アーミッシュに関係ないのなら、なぜそんな名前なのだろう?という疑問がわく。実際、このタイトルを見れば、誰でもアーミッシュ製法だと信じてしまう。もっとも、レシピを読むと、市販のインスタントプディングの素を入れると書いてあることから、「なんかアーミッシュぽくない」とは思ったが、まぁ、そんなことはどうでもいい。

              上で紹介したエッセイやブログからどんなものかはおわかりと思うけど、この種、10日間室温に置き、袋をもみもみ。6日目と10日目に、牛乳、砂糖、小麦粉を足す。袋には発酵によりガスが溜まるのでもみもみしては、ガスを抜く。要は種を発酵させながら増やし、10日目に1つの袋を自分の次回分に残し、3つの袋はお友だちにあげ、残りの種を焼く。こうして友だちに分けていくことから“フレンドシップ”らしい。おいしいものが増えるのだから、良いことなのだろうが、なんとなくチェーンメールとか不幸の手紙を連想する。

              今日は、この種を焼く日にあたる10日めだったので焼いてみた。我が家は大家族だから、指示によると友だちにあげるはずの分をみんな焼くことにする。指示どおりに作ると、ものすごい量の砂糖や油が要ることが判明。1つは説明どおりに焼いてみたけど、砂糖の量の多さや1カップの油はあまりに不健康そうな気がしたので、残る2つは、私流にアレンジ。1つには抹茶の粉を入れて抹茶味にしてみた。家中にいいニオイが漂っている。
              こんな感じに焼けました
              こんなにおいしそうに焼けた!

              せっかくいいニオイがしているのに、Mikiは食べないと言う。
              室温で10日も牛乳の入ったものを放置、あの袋にたまるガスを見れば「腐っているかも」と警戒しても不思議はない。(~_~;)

              | yahoi | 作ったよ。食べたよ。 | 09:37 | comments(1) | trackbacks(0) | - | -
              トマト
              0
                 家庭菜園をしている友達から、「たくさんのトマトをもらってしまった私の友人」が、笑ってしまうほどの量のトマトを持って現れた。夫婦ふたりでは、とうてい食べきれないので、お裾分けしてくれるという。

                 車のトランクを開けたら、段ポールにいっぱいの、ローマトマトが詰まっていた。ローマトマトは、イタリア料理やトマトソースなど、主に加熱して使うタイプのトマトだ。

                 大家族の我が家です。消費はお任せください! 

                 ということで、まずはこのトマトを使い、ビーフと豆をたっぷり入れて、鍋に一杯のチリスープ(Chili)を作った。アメリカではバーガーキングやウェンディーズなどのファーストフードでも売られている定番スープだ。惜しむことなくトマトを使っただけあり、とっても美味しい!しっかり煮込まれた2日めは、さらにGood!!

                 それでもまだまだ、ある、あるトマト。何にでも利用できるように、50個ほどのトマトをトマトソースにした。皮を湯むきして、いっしょに煮込む野菜を切って、グツグツ、グラグラ。

                ローマトマトと自家製トマトソース

                 さて、このトマトソースをどうしようかと考え、今日のところはトマトソースをふんだんに使ったカレーにすることにした。冷蔵庫を探り、適当な野菜と肉を取り出し、よく炒めてから煮込んだ。インド人の友達と、パキスタン人のご近所さんに習ったカレーを思い出しながら、手元にある香辛料をどんどん放り込み、とっても適当に料理する。(さすがO型!)

                トマトソースをふんだんに使ったお手製カレー 

                 料理ひとつとっても、日本にいたときとは、レパートリーがちがう。手に入る食材がちがうということもあるけれど、いろんな国籍の友達にそれぞれのお国の料理を教えてもらうので、それが、オリジナルメニューのヒントになる。

                 “食べること”は世界共通、どこにいても欠かせない。“ダイバーシティな食生活”とでも言いましょうか?作って楽しく、食べておいしい。

                早い話、とってもいいかげんな主婦の手の内でござんした。
                まだある、トマトはさてどうしましょう?

                無国籍カレーです

                いただきま〜す!
                 
                にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ




                | yahoi | 作ったよ。食べたよ。 | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                チリの旗
                0
                  今日は、次男の友達ジョンの誕生日。ジョン君は、チリ人の両親から生まれたチリ人なのだが、三才の時、今のご両親に養子として引き取られ米国に来た。以来アメリカ人として生きている、今年ハイスクールを卒業したばかりのティーンだ。

                  少し前、歌手のマドンナが、エイズで母親を失ったアフリカ・マラウィの子どもを養子にしたことが話題になったと思うが、ここでは途上国や恵まれない境遇の子どもを養子にすることは、珍しいことではない。

                  そんなわけで、このジョン君も自分が養子であることは、ちゃんと知っているが、本当の両親には以来会ったことはなく、生まれた国を訪ねたこともないという。それでも、「僕はチリ人」というアイデンティティはしっかり持っているようで、祖国チリを訪ねたいと、よく話しているという。

                  前置きが長くなったけけれど、末息子が今年の誕生日、スケートバークで転倒し、腕を骨折という非常事態に、息子を病院に運んでくれたのがこのジョン君とその友達だった。次男と仲良しの彼は、親友の弟の緊急事態を目の当たりにして、適切な処置をしてくれたわけだが、骨折したのが誕生日と知り、その翌日、「昨日はせっかくの誕生日だったのに、お祝いできなかったでしょ?」と言いながら、友達とケーキを作ってみたからと、四角いスポンジを焼いて、“日の丸”のデコレーションをしたケーキを届けてくれた。

                  ティーンエィジャーの男の子が、気の毒な骨折坊のために、一生懸命ケーキを焼いてくれるなんて、結構心憎いことするじゃんと思って眺めていたが、息子も痛みに唸りながらも、うれしかったのだろう。

                  チリの旗ケーキ
                  それを忘れていない、息子は、今日のジョンの誕生日に、“チリの旗”のデコレーションをしたケーキをお返しに作った。「チリの旗の方が日本の国旗よりは、テクニックが要るけどね」と言いながらケーキを渡すと、苦笑いをしながらも、うれしそうだった。

                  かわいいでないの。ティーンエイジャーの男たちも!
                  | yahoi | 作ったよ。食べたよ。 | 14:40 | comments(4) | trackbacks(0) | - | -
                  多国籍ポットラックパーティ
                  0
                    ESL(English as a Second Lannguage Program)のボットラック(持ち寄り)パーティに出席。ビザとかホットドッグでお腹を満たすだけのアメリカ人中心のバーティより、この多国籍な人々が集まるESLのボットラックのメニューは毎回とても楽しみ。この日はフィリピン料理、韓国料理、エクアドル料理、メキシコ料理などなどで、私は散らし寿司をお持ちしました。

                    どれもこれもおいしゅうございました

                    お食事の後は、リバーサイドの森の散策で、フレッシュエアーをたっぷりいただき、さらに満腹。


                    | yahoi | 作ったよ。食べたよ。 | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                    メキシカン・エンチラダ
                    0
                      メキシカンレストランで働いている、メキシコ人にエンチラダの作り方を習った。

                      メキシカン・エンチラダ


                      材料:
                      ・トルティーア(さっと、油通しする。こうすると、しなんりして巻きやすくなる) 


                      中身は、何でも良いけど、

                      ・鶏肉をボイルして適当に味付けしたもの
                      ・牛肉ミンチをメキシコ風に味付けしたもの
                      ・レッドビーンペーストなど

                      ・エンチラダソース(スーパーで売っているエンチラダソース)
                      ・メキシカンチーズ
                      ・サワークリーム
                      ・トマト
                      ・レタス
                      ・玉ねぎ

                      .肇襯謄ーアに、お好みの中身を入れて巻く
                      大きめの器に,鯤造戮謄┘鵐船薀瀬宗璽垢鮠紊らかける
                      0貪戰ーブンにいれ、プクプクとしてきたら、とりだして
                      たっぷりのチーズをかけてふたたびオーブンへ入れる。
                      チーズが溶けたら出来上がり!

                      サワークリームやたまねぎのみじん切り、トマトやレタスをお好みに応じてかけて出来上がり!

                      いただきま〜す。
                      | yahoi | 作ったよ。食べたよ。 | 07:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>

                      このページの先頭へ