みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
<< 2011 夏の旅 その1 創造博物館 | main | 原発へのつぶやき >>
2011 夏の旅 その2  世界遺産「マンモスケーブ」
0

     旅の二日目。
    「世界遺産」の看板
    世界遺産の看板

    昨日の創造博物館では、地球は神が6日間で創造し人類も神が創り、人の祖先はアダムとイブであり地球の歴史は数千年と習った。(笑)

    その後での、マンモスケーブ体験。

    洞窟に入ると、地球の歴史が数千年のわけないことはひしひし伝わってくる。昨日、創造博物館をマジで見学していた人々は、この洞窟をどう見るのか?と素朴な疑問を抱きながら2つの洞窟ツアーに参加した。

    どんなところかというのは、Youtube に “mammoth cave ”と入れれば動画もたくさんヒットするので省略する。私たちが参加したのは、数ある洞窟ツアーのうちで、 Historic Tour と New Entrance Tour 。長男は質問があればすぐに係員にたずねるマメな奴なので、ガイドのおじさんにオススメを聞いて得た情報からこのふたつに決めた。

    どちらも洞窟の様子に特徴がありよいコンビネーションだったと思う。

    ついでにいうと、隅々までパンフレットを読んでしまう長男が、同日に2つ以上のツアーに参加する場合、2つめからのツアー料金が割引になる情報を発見したので、すでに買ってあったチケットを割引してもらうよう交渉したら快く返金してもらえた。(^_^)v

    ★ヒストリックツアー
    狭い、広い、などすべてを網羅したような洞窟の様子が見られる。

    ヒストリックツアー入り口
    洞窟への入り口

    Fat mans misery

    この幅はきつい
    こんなに狭い道幅のところもあるので、太った人はきついですよ。

    ★ニューエントランスツアー

    入り口
    ニューエントランスツアーの入り口はこのドア。


    狭い階段を降りる
    階段が多く、狭く縦に深い印象。

    鍾乳石が美しい
    鍾乳石が美しい

    ツアーはそれぞれ2時間以上かかるので、2つのツアーで4時間半以上穴の中にいたことになる。

    しかしこの「神秘!」にも感動したけど、

    地底深くに水洗トイレ

    この洞窟の地底深くに、観光客用に電気をはりめぐらし、水洗トイレが作ってあるアメリカの根性にも感心した。汚物はポンプで地上まで組み上げているそうだ。

    | yahoi | 行ったよ。見たよ。 | 02:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://yahoi.gogo.chips.jp/trackback/1002969
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    このページの先頭へ