みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
<< フロリダに行って来ました | main | 3.11 あの日から一年 >>
ボビーシューと共演 〜Jazz Weekend 2012〜
0
     恒例のジャズウィークエンドだった。関連記事 ジャズウィークエンド2011
    大学でジャズを学んでいる息子にとって、いちばん楽しみにしているイベントだ。今年のゲストアーティストはトランペッターのボビーシュー(Bobby Shew)。亡き祖父のギフトとして購入した息子のトランペットは、ヤマハのカスタム・ボビーシューモデルなので、まさに今回は、本物のボビーと共演できるチャンスだ。
    Between & Interventions
    オリジナル曲の評判もよいコンボ。Between and Interventions
    Bobbyと共演、目前でソロを演奏しサムズアップをいただく。
    今回のゲスト、ボビーと大学のジャズディレクターとの間にはちょっとホットなエピソードがある。今回のイベントは39回目ということだが、実はボビー・シューをゲストに迎えるのは95年に次いで二度目だそうだ。当時学生としてバンドに在籍していたのが現在のジャズディレクター、ロビーなのだ。
    当時トランペットを吹いていたロビーの才能を見たボビーは、ロビーがさらにジャズの道に進むとき、自ら推薦状を書いてくれたそうだ。そして、アメリカの大学のジャズプログラムでは最高と言われるノーステキサスに進み、ロビーはグラミー受賞のOne o'cloch band のトランペッターを務めた。全米の名のあるジャズミュージシャンとありとあらゆるところでの共演実績を持ち、今は地元に戻り大学のジャズディレクターを勤めている。
    演奏が終わり抱きあうボビーとロビー
    そういう意味でも、ボビーにとってロビーは、自分の目をつけた弟子でもあるわけだ。その二人が久しぶりに再会したこともあり、ボビーたっての希望で、ロビーも演奏に加わった。
    途中、ボビーのすばらしいスピーチをはさみ、会場全体をジーンとさせる場面もあり、演奏するうちボビーは感極まり、感激で目頭をおさえる場面も見られ、その感激はそのまま見事に次の演奏曲に魂として吹きこまれた。
    見守る観客もソウルを感じて心打たれブラボー!すばらしいコンサートだった。
    | yahoi | Music 音楽を楽しむ! | 07:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://yahoi.gogo.chips.jp/trackback/1002987
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    このページの先頭へ