みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
<< 起きた。忘備録つけることに。 | main | 驚きのアプリィィィ。とうとうこんなことまで! >>
脳を健康に保つことがだいじな話。
0
    JUGEMテーマ:脳の活性化
    あんまりブログをほっといたので何から書いといていいのやら~。

    50を堺にいろんなモノの見方が変わってきていることを実感している。モノごとをいろんな角度から見るようになったというか……。たとえば、「たいせつなものはだいじだからしまっておこう」というのが、「たいせつなものこそ、さっさと使わないと使う時間に限りがあるぞ」って感じ? 「食べ物を残すともったいない」は「食べ過ぎは体に悪いよ」とか。

    どっちも正しいわけで、どっちを選ぶかでわたしの人生は決まっていくわけだ。(←ちょっと大げさ)

    「よりハッピーに生きるために、何がたいせつか」が決めごとのキーだと思うようになってきた。そもそも、嫌なことでもずっと頑張っていては、「人生我慢の連続だった」でわたしの人生終わっちゃうじゃん?

    そこで最近心がけているのは、脳の健康!ただでさえ、頭悪いのだからこれ以上、脳が萎縮しては困る。



    日本語翻訳 http://logmi.jp/11687


    こちらも興味深い。


    要約すると
    ・脳が健康なら正しい行動、正しい決断ができる。
    ・体のたった2%に過ぎない脳が摂ったカロリーの20~30%を消費する。
    ・脳を健康に保つために気をつけること。
      脳の怪我、薬、酒、肥満、喫煙、高血圧、糖尿、運動不足、いき過ぎダイエット、環境汚染、悲観……
    ・脳の健康を考えるなら子どもにサッカーやフットボールさせるのは☓
    肥満度があがると脳は劣る。
    ・食は薬にもなり毒にもなる。
    ・脳の健康を増強するためには
      前向きな人との繋がり、新しいことを学ぶ姿勢、良い栄養と睡眠、適度な運動と健康、健康的な不安、感謝、不安解消
      
    つまり、人間が健康かつハッピーに生きるため、脳がとってもたいせつだから、脳を健康に保つライフスタイルを心がけましょぅってことね。

    脳のためにもヘルシーな食生活を!アルツハイマーのリスクも減らせるそうよ。そして壊れた脳の人と時間を使うのは自分の脳の健康に良くないってさ。

     
    | yahoi | ヘルシーライフ | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://yahoi.gogo.chips.jp/trackback/1003002
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    このページの先頭へ