みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
<< 本日のめっけもん | main | ケール美味い >>
あたりまえのようで難しい、いろんな性との共存?
0
    JUGEMテーマ:人種差別について
    毎朝、息子を大学に送って行くのね。車なのでほんの数分のことだけど、この時間がけっこう気に入っている。聞いているのかいないのかわからないけど、わたしがペラペラと好き勝手なことをまくしたてていることもあるし、息子がなにやら話しだすこともある。

    今朝も、息子はいつものように「あ~学校行きたくない」とほざきながら、スマホで学内新聞に目を通すとすぐさま呆れた様子で話しだした。

    「来年度から、寮のルームメイトを決めるための質問書に、LGTBQ students とルームシェアすることが気にならないかという項目を追加してはどうかって提案があがっているんだけど、それっておかしいと思わない?」

    唐突にLGBTQ Students と聞いてすぐにピンと来なかったので、「なんじゃそれ?」とわたし。

    LGBTQIAP って、
    Lesbian,Gay,Bisexual,Transgender ,Queer ,Intersex ,Asexual/Ally ,Pansexual....

    LGBTQ student とはレズビアン、ゲイ、トランスジェンダー、バイセクシャル、クエッショニングの略だそうで、ジェンダーの話にはよく使うようだ。(LGBTQIAP =Lesbian,Gay,Bisexual,Transgender ,Queer ,Intersex ,Asexual/Ally ,Pansexualなど)

    息子の通う大学は意外と、このあたりのことにはオープンマインドであり、実際、自身がレズビアンの教授が、マイノリティージェンダーについての講義をしているほどだ。

    「あっ〜ジェンダーね」っと合点のいった母に向かって、息子は続けた。

    「そんなこと質問してYesの人とNOの人を分けてしまうなら、それって差別だよね」

    「まぁそうだよね。いかにも学生に希望を聞いてあげているようだけど、それによって分けてしまうなら、黒人と白人を分けるのとなんら変わらないんじゃないの?」

    「だよね。やっぱり」 

    いかにもアメリカの大学らしいエピソードであり、そのニュースに過敏にこのような反応を示すところがうちの坊やだなぁと。

    (少し前に、ママココ大阪さんへの寄稿で、「
    人種や偏見、差別といった諸問題には、かなり過敏に反応する大人になっている」と書かせてもらったの思い出した〜♫)

    ローストポークのあまりで作ったマフィンサンドと、野菜炒めとポークのエンチラダス風BBQ味?
    このごろ自分のお金節約のために弁当まで持っていくというものだから、母は弁当まで作ってやっているが、こんな時間も卒業までのあと何ヶ月ですな。。。

    だんだん肌寒くなってきたわん。


    JUGEMテーマ:学問・学校
     
    | yahoi | ダイバーシティを考える | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://yahoi.gogo.chips.jp/trackback/1003006
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    このページの先頭へ