みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
<< 『イギリス鉄道でめぐるファンタジーの旅 』オススメ。 | main | キャベツの消費 >>
虫刺されの代償にしては高すぎるさ。
0

    今日は、ホームカミングで町中が騒々しい。天気はよろしくない。


    突然黒い雲がたちこめてきたかと思ったら氷も降った。

    今日は予定では夫婦でパーティに招待されていたけれど、まだ少し顔が腫れていて人さまの前に出るには気がのらないのでパス。

    しかし、こうしたことがあるたびアメリカの医療保険に嫌気がさす。刺された日は夜だった。翌日からどんどん腫れてこ~んなふうに(←見たい人だけクリック)なってしまったので、医者に駆け込もうかと思ったけれど、すぐに思い出した。

    10月から入っている健康保険のポリシーが変わり、Copay(初診の自己負担額)が5ドルから25ドルに。加えて今まではなかったDeducutible (免責額)が100ドル取られることになったのだった。9月じゅうなら5ドルで診てもらえたというのにタイミング悪いといったらありゃしない。

    たかが虫刺されに、医者にかかれば診察と薬だけで日本円にして15000円ぐらいかかってしまう。まさに「泣きっ面に蜂」ってやつだ。体感としてアナフィラキシーショック、蜂アレルギーのショック症状は感じられないし、医者に行ったとしても抗ヒスタミン剤を処方してくれるぐらいだと思い、行くのをやめた。Save Money!! 自分のことだと$$$$が惜しい。

    刺された翌々日をピークに腫れはひいてきているので、選択は正しかったと思う。



    JUGEMテーマ:健康
    | yahoi | イタイ話 | 05:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://yahoi.gogo.chips.jp/trackback/1003011
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    このページの先頭へ