みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
<< 虫刺されの代償にしては高すぎるさ。 | main | 久々のドイツ人友との再会 >>
キャベツの消費
0

    日本ほど野菜の種類が豊富ではないこともあり、アメリカ暮らしは野菜が不足がちになる。たっぷり野菜を食べられるように、ほぼ1日おきにボールいっぱいのサラダを作る。いれるものはキャベツ、ロメインレタス、人参、ラディッシュ、セロリー、きゅうり、ピーマン、パプリカ、リーフレタス、ビーツなどなど、サラダで食べられるものならなんでもスライサーと包丁で食べやすくして混ぜる。大事なのはカラフルなこと~!♪♫これを作って冷蔵庫に入れておく。


    食べるときにはさらに、アボカド、トマト、茹で卵、魚介類や肉類などを加えるので、かなりのボリューム。いつでも食べられるのでとっても便利。便利だけをいうなら、スーパーに行くと袋に入ってできあがったサラダが売られていて、アメリカ人の多くが袋のサラダを利用しているようだけど、わたしはどうもケミカルな味を感じてしまうので受けつけない。新鮮さを保つために、薬品につけてあるそうだから、ケミカル臭があるのもあたり前だ。

    ひまわりのタネと材料を入れてNinjaで混ぜるだけ。
    ドレッシングも2日おきに作る。いちばん人気はゴマドレ、最近実験してみて気に入ったのが、ひまわりのタネドレッシング。ゴマがおいしいなら、ゴマの代わりにビタミンEが豊富なひまわりのタネでもと思いたち、トライしてみたら、これがなかなか濃厚でイケル。(酢と醤油、ひまわりのタネにガーリック少々、生姜少々に、メープルシロップ)

    先週、アメリカ人に「大きなキャベツを買ってしまったけど消費の仕方がわからない。コールスロー以外になにかいいレシピ知らない?」と聞かれた。基本的に味覚がちがうので、わたしがおいしいと思うものをおいしいと感じるかは疑問。うちではサラダ、炒めもの、漬け物、スープの具にとキャベツなしでは生きられないぐらいだわ。

    JUGEMテーマ:これ食べた、これ作った
    | yahoi | 作ったよ。食べたよ。 | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://yahoi.gogo.chips.jp/trackback/1003012
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    このページの先頭へ