みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
<< 冷え込んできたので味噌煮込み | main | とうとう出たな!半分の長さのスパゲティ >>
プリンは飽きない
0

    もう1年ぐらい経つかな。ほぼ1日か2日おきにプリンを作っている。

    冷蔵庫にプリンが入っているとMikiがとっても喜ぶ。食べるときにも「うまい、うまい」を連発。帰宅して、冷蔵庫にプリンがないとがっくりする。そんな様子を見たら、作るのをやめられなくなった。そのうち飽きるだろうから、飽きるまでは作ってあげようと思い、始めたけどまだ飽きないらしい。

    大きなお鍋に毎回、8個ずつ作って冷蔵庫にいれておく。なくなって来るとまた作るを繰り返している。牛乳、卵、砂糖のみの無添加デザート。日本のようにコンビニに走ればいろんな種類のプリンが売っているってことはないので、作るしかない。スーパーに行けばFlan の名前で似たようなものはあるけれど、コンデンスミルク使用だからか、とってもリッチで甘すぎる。もちろん添加物だらけ。


    わたしのプリン。
    カスタード型8個分

    卵(中~大)6個
    牛乳 750cc
    砂糖 テーブルスプーンで5~6杯だけど、最近はステビア入り砂糖を使うのでその半分ほど。
    カラメル用砂糖、大さじに2or3杯 水 少量

    1 卵をとく。
    2 牛乳をあたためて砂糖を溶かす。
    3  カラメルを作る。
    4 溶いた卵に砂糖のとけた牛乳を加える
    5 型にできたカラメルを入れてから液を流し入れる。
    6 弱火の鍋で30分ほど湯煎蒸し。


    カラメルの焦げ具合とか、お鍋の温度や調理時間により、毎回微妙に出来方がちがうのがおもしろい。たまに温度が高いとスが入ってしまう。弱火でゆっくりだとキメの細かいソフトなプリンができるみたい。さてさて、プリンいつまで作り続けるのだろう。

    プリンで機嫌がよくなるならお安いご用ってもんよ。まぁ、わたしも飽きずに毎日食べているけれど……。




    JUGEMテーマ:これ食べた、これ作った
    | yahoi | 作ったよ。食べたよ。 | 08:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://yahoi.gogo.chips.jp/trackback/1003017
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    このページの先頭へ