みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
<< Autumn Leaves~~枯葉 | main | 英国紀行その1 >>
Happy Haloweeeeeeeeen!!
0
    本日ハロウィン。"Trick or Treat"にまわるには少し肌寒い感じなので、楽しみにしている子どもたちには少し気の毒。

    日本のニュースによると、「ハロウィン市場が年々拡大し、1100億円に上りとうとうバレンタイン以上……」とか。東京都内のあやかり商戦やイベントに乗っかる若者のハロウィンコスプレの盛り上がり風景を伝えていた。その様子はもう、目が点!というほどだった。スゴイね日本人っ!イベントを楽しむのはいいことだと思う反面、クリスマスといい、ハロウィンといい、「金儲けのため」にビジネスのし掛け人にすぐに乗せられる人々がいかに多いかを物語っているような気がしなくもない。(少なくとも海のこっちから見るとそうとも見えてしまう)


    わたし自身は小さな子どももいないので、ハロウィンを特にイベントとして意識することもない静かな日々を送っているけど、今朝、近所のスーパーに立ち寄ったらレジのおばちゃんが「蜂」だったので、あらためて、「あっ今日はハロウィンか」と思い出した。

    で、前にいたおばあちゃんとレジのおばちゃんの会話がおもしろかった。

    レジ:「あら、ハロウィンだというのに何のコスチュームもなしでお買い物?」

    おばあちゃん:「あら、失礼ね。あなたわたしがただの年寄りに見えているんでしょ。これ変装なのよ。ほんとはわたしは子どもなんだから」

    とっさのことなのに、すばらしいおばあちゃんのユーモア! 脱帽デス。

    ハロウィンにちなんで番外編

    米国のお店ってほとんど、どんな商品でも返品が簡単にできる。購入したあとで気が変わったとか、商品使ってみたけど気に入らなかった、やっぱり色やサイズ変えたいとか、とにかく使った後でも返品に応じてくれるので買う方としては、とてもありがたい。

    ただ、それを良いことに、ハロウィンコスチュームを31日に着たあとで返品するなんてツワモノも出てくるわけで、いくらお客さまサービスとはいえ、さすがにそれは困るのだろう。そこでコスチューム売り場に、こんな表示がついていた。


    「ハロウィンコスチュームの2014年10月31日以降の返品お断り」

    日本のニュースでは、コスチュームにとてもお金をかけている人々のインタビューも紹介されていたけど、ここでは手作りしたり、リサイクルショップであさる倹約派の方が多いような気がする。でも、着てからちゃっかり返品はやはり行き過ぎだよね。
     
    | yahoi | つぶやき | 02:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://yahoi.gogo.chips.jp/trackback/1003021
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    このページの先頭へ