みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
<< 英国紀行その2 | main | 英国紀行その4 >>
英国紀行その3
0
    マンチェスターにて。

    日本にたとえて、ロンドンが東京ならば、マンチェスターはさしづめ大阪か名古屋って感じの都市。

    町の様子
    町の様子はこんな感じ。

    マンチェスター博物館入口
    お天気がイマイチなのでマンチェスター博物感に行くことに。

    入ると大仏さんが
    中に入るとまず大仏がお出迎え。

    ホンモノのミイラ
    ロンドンの大英博物感にもたくさんあるけどここにもあった、ほんものミイラ。

    佐々木禎子さんの折り鶴についての説明

    美しい折り鶴の展示
    日本にちなんだ展示物として、広島の原爆被害者佐々木禎子さんの説明と美しい折り鶴。

    各種骸骨
    いろんな骸骨。なかなか見ごたえのある展示。

    英国のお金の歴史
    こちらは英国におけるお金の歴史?

    サモアの武器もみつけた
    世界各国の手作りの武器。サモア版がすぐに目にとまった。(右から三つ目)

    歴史を感じる風景
    歴史を感じる町並みを眺めながらの散歩は楽しかった。

     
    | yahoi | 行ったよ。見たよ。 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://yahoi.gogo.chips.jp/trackback/1003025
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    このページの先頭へ