みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
<< 受講クラスは先生の査定サイトを見てから決める | main | 火を見るとマシュマロ >>
違う人たち
0
    我が家は大学キャンパスとはほとんど隣同士みたいなもの。もともと当地は大学町なので、大学行事は町内行事のような感覚だ。

    大学の新年度スタート前日の今日、大学内に存在する多数のクラブや団体を紹介するためのイベントが催された。毎年の恒例行事なのだが、フレッシュマンウェルカムを兼ねているので、移動遊園地までが来て、学生たちは子どものように遊び、陽が落ちてからは、野外コンサートも催された。地元で商売をする店は新学生として町に入ってきた学生たちに店の宣伝をするため集結。よって、このイベントではアイスクーム、サンドイッチ、ビザなどなど、サンプルもどんどん振舞われるのでお腹はいっぱいになる。

    テントに出されたテーブル

    この日、テントには300を越えるクラブや団体のテーブルが出され、それぞれの活動者が思い思いに宣伝、デモンストーションをしたり、ブローシャーを配ったりと、新しい仲間獲得に燃える。

    数々のテーブルを巡りながら、毎年思うが、いろんな国のいろんな人種、いろんな興味にはただ唸る。それぞれが持っている“違い”を目の当たりにすると、地球が見えて来るようでもある。元気の良いチアリーダー、柔道部のアメリカ人お姉さんたち、聖書勉強会のお兄さんたち、動物愛護団体に、環境問題研究会、性病を考える人たちに、何を考えているのかわからない人達などなど、さすがアメリカ、人種の坩堝。いろんな人がいろんなことに興味を持っているなぁと感心する。

    テコンドーデモ

    うちの息子たちは、大学公認テコンドークラプの代表者としてテコンドーのデモを青空の下で何度も実演。アメリカで、日本人なのになぜ韓国空手のテコンドー?と突っ込まないでね。そこがアメリカぽいとこなのですから。

    とにかくたくさん食べたし、飲んだし、爽やかな日でした。


    | yahoi | カレッジネタ | 06:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://yahoi.gogo.chips.jp/trackback/211146
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    このページの先頭へ