みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
<< Night at the Museum (ナイトミュージアム) | main | 多国籍ポットラックパーティ >>
シニアプランク
0
    昨日がハイスクールの卒業式だったので、今日からシニアの生徒はハイスクールには来ない。在校生は、ファイナルのテストを受け今週いっぱいで、めでたく今年度を終えるはずだが、息子は登校して三十分もしないうちに、学校が臨時休校になったと言って戻って来てしまった。

    理由を聞くと、生徒たちの教科書が置いてあるロッカー全部がプラスティック製ひもで開かないようにロックされていて、教科書がないから授業ができないとのこと。

    どうも恒例のシニアプランクのせいらしい。昨日卒業した生徒のグループが学校が臨時休校にせざるをえない悪ふざけとして、このようなイタズラを仕出かしたのだ。シニアプランクとは、卒業生が十二年間の学校生活への置き土産とも言えるイタズラをするトラディションなのだ。

    それにしても、急きょ学校を休みにするというのには、経費もかかる。このイタズラの前にも、すでに第一弾のイタズラがあったそうで、卒業生の誰かが、学校にネズミとコオロギを何匹も放したという。映画の中のことならば、ご愛嬌と言いたいところだが、実際にネズミを放されては、カフェテリアも閉鎖さぜるをえないし、駆除にもお金はかかる。

    こんなシニアプランク、先生の車のタイヤをバンクさせるという伝統的なものばかりではなく、あちこちで唸ってしまうイタズラが連発されるようだ。

     ・朝、先生たちが登校したら、学校の屋根の上ににホンダアコードが!

     ・卒業生により学校が売りに出ていた。登校したら巨大な
    "School for Sale"の看板が!

     ・在校生のファイナルテストウィークの真っ最中、卒業生が教室の
    ドアというドアを糊で固めて開かなくした!

     ・保護者宛てに、「今年のプロムパーティでは、アルコール類の
    飲酒は許可されることになりました」という手紙を送りつけた。

     ・登校したら、学校の床じゅうにベビーオイルがまかれていた。

    どれもこれも、冗談のようなホントの話。

    さすがティーンエイジャー、こういうことにはしっかり頭使って考えるのだろう。発想がぶっ飛んでいる。因みに、学校が臨時休校になり、うちの息子も「シニア!よくやった!」と大喜び。ニュースでは、損害が大きいので犯人を捜しているとか……。

    いやはや、これもアメリカらしさでしょうか?!にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

    | yahoi | ハイスクールネタ | 01:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://yahoi.gogo.chips.jp/trackback/451732
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    このページの先頭へ