みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
<< 第二次世界大戦中の雑誌 | main | 一日をパーに!Lansing Jazz Fest >>
チリの旗
0
    今日は、次男の友達ジョンの誕生日。ジョン君は、チリ人の両親から生まれたチリ人なのだが、三才の時、今のご両親に養子として引き取られ米国に来た。以来アメリカ人として生きている、今年ハイスクールを卒業したばかりのティーンだ。

    少し前、歌手のマドンナが、エイズで母親を失ったアフリカ・マラウィの子どもを養子にしたことが話題になったと思うが、ここでは途上国や恵まれない境遇の子どもを養子にすることは、珍しいことではない。

    そんなわけで、このジョン君も自分が養子であることは、ちゃんと知っているが、本当の両親には以来会ったことはなく、生まれた国を訪ねたこともないという。それでも、「僕はチリ人」というアイデンティティはしっかり持っているようで、祖国チリを訪ねたいと、よく話しているという。

    前置きが長くなったけけれど、末息子が今年の誕生日、スケートバークで転倒し、腕を骨折という非常事態に、息子を病院に運んでくれたのがこのジョン君とその友達だった。次男と仲良しの彼は、親友の弟の緊急事態を目の当たりにして、適切な処置をしてくれたわけだが、骨折したのが誕生日と知り、その翌日、「昨日はせっかくの誕生日だったのに、お祝いできなかったでしょ?」と言いながら、友達とケーキを作ってみたからと、四角いスポンジを焼いて、“日の丸”のデコレーションをしたケーキを届けてくれた。

    ティーンエィジャーの男の子が、気の毒な骨折坊のために、一生懸命ケーキを焼いてくれるなんて、結構心憎いことするじゃんと思って眺めていたが、息子も痛みに唸りながらも、うれしかったのだろう。

    チリの旗ケーキ
    それを忘れていない、息子は、今日のジョンの誕生日に、“チリの旗”のデコレーションをしたケーキをお返しに作った。「チリの旗の方が日本の国旗よりは、テクニックが要るけどね」と言いながらケーキを渡すと、苦笑いをしながらも、うれしそうだった。

    かわいいでないの。ティーンエイジャーの男たちも!
    | yahoi | 作ったよ。食べたよ。 | 14:40 | comments(4) | trackbacks(0) | - | -
    まだまだ若いのに、男臭いですよね!!

    大人になるとそんな男臭さ、なくなっていくのか!?
    肉体的な臭さは増していくけど……。
    | RYO | 2007/07/28 8:05 PM |

    こういうのを“オトコクサイ”とも言うのですね。女性にはない、男ッ気ていいですね。
    | yahoi | 2007/07/29 1:44 AM |

    お久しぶりです!
    最新のエントリーにコメントを入れることができないので、こちらに書きますね。

    末息子君の反応に大うけしてしまいました〜。
    だってウチの子達と同じなんですもの。
    ティーンはやっぱり友達が最優先なんですよね。

    あの手この手でなんとか一緒に行こうって誘いますけど、なかなか来てくれないです。最近は年の離れた弟達(ハーフ・ブラザー)をダシに使って「家族行事なんだから来なくちゃだめ!」って強行手段に訴えてます(笑)。
    | ノリコ | 2007/08/07 10:32 AM |

    ノリコさん、お久しぶり。ごめんなさい。
    いつの間にかコメントが禁止になっていました。

    やっぱりお宅もですか?
    まぁ、正しい成長ぶりということですよね。
    たまには、強行手段を取らないと、家族が家族じゃなくなってしまいますもんね。
    | yahoi | 2007/08/07 10:57 AM |










    http://yahoi.gogo.chips.jp/trackback/490078
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    このページの先頭へ