みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
<< とうとう、ついに……携帯電話 | main | 新コンビ?兄弟ライプ >>
建築家への道を探しに
0
     私たちが住んでいるところから、200kmほど離れたところにある、アナーバー(Ann Arbor)のミシガン大学に行って来た。ミシガン大学は、州立大学としては、全米でも最も高い評価を得ている大学のひとつ。大学の評価はともかくとして、なぜそこに行ったかと言うと……、

     我が家の次男は、ハイスクール時代に、設計のクラスを選択科目として勉強して以来、将来はできれば建築家になりたいという夢を持っている。今自宅から通っている地元の大学も総合大学ではあるものの、建築学科はないので、近い将来、建築が勉強できる大学に転校を考えている。アメリカでは、進路の変更や自身の都合に合わせて、途中から大学を変わることができるのがありがたい。

     ミシガンの中で建築が勉強できる大学は、そうはない。4人の子どもたちの中でも次男は、自分がすべきことをポンポンと片付けていきたいタイプで、かねてから自身の夢に向かって情報収集をしていた。入学の難易度は高いものの、ミシガン大学には目指す建築コースがあるので、情報を仕入れるため、学部アドバイザーに面会を申し込んでいたのだ。1人で出すには遠いので、私たち夫婦もいっしょに行って来た。

     アドバイザーと挨拶を交わすと、「是非ご両親もいっしょに話を聞いて下さい」と、息子といっしょに、部屋に招かれた。息子はあらかじめ準備してきた、今の大学で取得している単位の記録を手渡し、編入するために、どの単位がそのまま認められるか、今の大学であと、どんな単位を取得すると、入後に無駄がないかなどを尋ねた。

     建築家への道に必要な情報をいろいろと聞いてみたところ、建築家として一人前になるには、どのみち、大学院で修士号を取得し、3年は社会に出て実地経験を積み、州認定の試験を受けなければならないことがわかった。

     つまり、4年生大学でただ建築を勉強しても、建築家として一人前にはなれないらしい。大学院で修士号を取得するまでを考慮して将来設計をしなければならないようだ。話を総合してみると、オプションは2つ。4年生大学のうちから、ミシガン大学の建築科に編入し、さらに大学院に進む方法と、4年生大学は、将来建築に活かせる勉強をしながら今の大学を卒業し、大学院から改めてミシガン大学に進学する方法だ。どちらにもメリット、デメリットがあるようだが、大学院からの方が、断然奨学金のチャンスは大きいとのこと。

     一通り、ありがたい情報を仕入れたところで、建築学科の校舎内も親切にアドバイザーが案内して下さった。金曜の午後だというのに、たくさん学生が残って勉強していた。聞くところによると、この学部はとても忙しいので、中には校舎内に“住んでいる”ような状態の学生も多いそうだ。遊ぶ時間どころか、バイトとの両立はたぶん難しいとアドバイザーは言う。“住んでいる”学生のために「シャワー室まであるのよ」と笑った。
    生徒たち1人ずつに与えられたワークスペース
    学生たちが1人ずつに与えられているワークデスク

     講義用の教室はともかく、校舎内の設備は、大学というよりはまるでどこかの工場のような雰囲気で、ありとあらゆる機械や設備が、オープンスペースにところ狭しと並んでいる。学内の設備を見て回るうちに、息子よりも、Mikiがここで勉強したくなってしまったと真剣に言い出す始末。
    校舎内にはありとあらゆる機械が備えられている
    勉強するところというよりは、どこかの工場内みたい 

    学生たちのオリジナル作品だという休憩スペース
    ボタンひとつもプラスティックから型抜きをして作ったオリジナルだという、学生が作った校舎内の休憩用空間

     アドバイザーに面会し、来学期からの選択科目にも影響するような、役に立つ情報をたくさん得た。そしてふだん私が目にしている大学生活とは、一風変わった光景を見ることができ、なかなか、興味深い社会見学となった。

     「なりたい自分」があるのはとても素敵なことだと思う。そして、それに向かって努力するのも良いことだ。まだまだ若い子どもたちは、これからもコロコロと進路は変えるだろうけど、親の夢を子に託すつもりはない。子どもの夢を応援する親でいられたらと思う。

    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ   blogranking

    | yahoi | 教育 | 12:54 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -
    ニュージーランドの鈴木です。ミシガンデーズとても楽しみに読ませていただいてます。
    今回私はニュージーランドクライストチャーチ市に戻っています。私ん家の次男坊サムは16歳になりました。ヤホイさんの次男坊に触発されてメールします。
    チャーチ市のカセドラルカレッジ10年生です。成績はよいほうかも知れません。彼の要望は将来 “デンテスト(歯医者)になりたい“ と言うことです。どうもサモアにいる日本人歯医者さんの影響のようです。
    彼の要望をかなえようと思ったら近くのデニューデン市にあるオタゴ大学に入学することです。18歳ぐらいからアパートを探すか寮があれば入れさせたいです。やはり奨学資金が必要でしょうね。どうなるかわかりません。なるようになるの気概です。ところで、
    彼の最近を見ると同級生とパソコンのチャットで忙しいし、特に女の子に興味をもち始めました。
    そんなことで将来どうなることやらと思います。親としては確かに子供に強制したくないし、自由な発想の元で勉強させたいと考えています。
    お元気でお暮らしください。皆様に宜しく。鈴木
    | 鈴木 | 2007/10/21 5:36 PM |

    Malo! お久しぶりで〜す。
    キーウィライフも順調で皆さんお元気そうで何よりです。サトルは、歯医者さんになりたいんだ。なりたいものがあるってほんとに幸せなことですね。歯医者さんになった彼に是非会いたいです。夢を実現した子どもたち、みんないっしょに、いつかサモアのビーチで再会できたらどんなにすてきでしょう!それが私の夢かも……。

    ビキにもくれぐれもよろしく!


    | yahoi | 2007/10/22 3:54 AM |










    http://yahoi.gogo.chips.jp/trackback/555379
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    このページの先頭へ