みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
<< ジム・クロウ "Jim Crow " | main | アメリカの電話革命? >>
フィラデルフィアのオバマ氏の演説
0
    政治のことはよくわかりませんが……。

    ジム・クロウ博物館の展示物を見た話をしたけれど、これを見たあとで改めてオバマ氏の演説を聞いたら、ほんとにジーンときた。私はアメリカに住んではいても米国人ではないので、ちまたで騒いでるほど、選挙の行方に興味はない。

    そんな私でも3月18日のフィラデルフィアでのオバマ氏の演説(A More Perfect Union)には、人として頷かされるところが多く、聞いているうちに熱いものが込上げて来た。

    私程度の英語力では、ハーバード大学ロースクールを出ているオバマ氏のボキャブラリーについて行くことはできず、演説を一度聞いたからといって全ての内容が理解できるというものではない。辞書を片手に全文に目を通し、文字を追いながら40分余りの演説に耳を傾け、私なりに理解したという感じ。(ネット上にこのスピーチの全文邦訳が登場するのも時間の問題だと期待している)

    2004年の演説に引き続き、こちらも歴史に残る演説だろうと囁かれはじめているようだが、おっしゃることごもっともです。政治家として彼がどんな手腕を見せてくれるかはさておき、彼を応援する牧師の話したスピーチの一部を切り取って使い、オバマ氏の印象にダメージを与えそうな箇所だけ繰り返し放送するというメディアのひどい仕打ちというか、落とし入れに対して、こんな演説で応えたオバマ氏はあまりにカッコイイではないか……。★ことの全容がよくわかる記事みつけました

    多くの人がこの演説で何かを感じられたらと思う。

    息子のハイスクールの社会の先生も、この演説に感動したらしく、生徒に聞かせたいな〜なんて呟いているそうだ。でもキャンペーン真っ只中の今、公立学校で先生が、それをするわけにはいかない。選挙が終わり結果が出たあとなら、「イケてるスピーチ」として生徒に紹介できる日も来るかもしれない。

    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ   blogranking





    | yahoi | ダイバーシティを考える | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://yahoi.gogo.chips.jp/trackback/697276
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    このページの先頭へ