みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
<< アメリカの電話革命? | main | ジャズナイト2008 >>
オスカーパーティ2008
0
     毎年恒例のハイスクール行事「オスカーパーティ」を観て来た。

     数あるハイスクール行事の中でも、生徒たちにかなり人気のある行事で、アカデミー賞やグラミー賞のパロディのようなもの。とは言っても、映画や音楽に対して賞が授与されるわけではなく、生徒の人気投票によって、その年、それぞれの分野で活躍したり、人気のある生徒を選ぶというもの。

     あらかじめ、各分野でノミネートされている生徒の中から、この日、見事ウィナーに選ばれた者にはオスカー像が手渡され、受賞者はスーパースター気取りで受賞の喜びとお礼のコメントをする。笑えることに、会場となるハイスクールの劇場前通路にはアカデミーさながらのレッドカーペットまで敷いてあり、いつもよりおしゃれをして駆けつけるノミニーたちに、司会者がレッドカーペット上でインタビューをする。

    会場に映し出されるレッドカーペットのインタビュー
     司会者(もちろんハイスクールの生徒)たちの問いかけに答える様子は、会場内の大きなスクリーンに映し出されるという凝りようだ。

     賞の種類は全部で50ほどあり、「ベストアーティスト」「ベストミュージシャン」などのまともなものから、「一番ぼろい車に乗っている人」「一番ナイスなアッシー君」「いちばんおしゃべりな人」「ヘアスタイルがおもしろい人」「将来アメリカンアイドルになりそうな人」「ステキなカップル」「将来ノーベル賞をとりそうな人」「いちばんプレイボーイ(ガール)な人」などなど、受賞が名誉なのか不名誉なのかわけのわからないものまであるが、そこはティーンエイジャーたちが企画するだけにご愛嬌というものだ。

     発表の合い間には、オーディションをパスしている才能ある生徒たちによる、歌、ダンス、バンド演奏などが余興として用意されている。息子はこの日兄貴たちにも応援を頼んで4曲をバンド演奏。こうして地道に目立つ活動をしているからか、10年生にして、「The Best Musician」を受賞。上二人の兄たちも、シニアイァーにこの賞をもらっているので、兄弟3人歴代受賞だ。たぶん学校始まって以来だろう。日本人の受賞もかも?!
    三つめのオスカー像

     ところで、このオスカーパーティを見るためには、1枚8ドルのチケットを購入しなければならない。ハイスクール行事の入場料にしてはちと高い。しかし、会場はノミニーや余興に出演する生徒たちの家族や親戚などでしっかり満員となる。うまく計算されているものだ。

     このパーティは、ハイスクールで「スモールビジネス」いう学科を勉強する生徒たちが企画から運営までを担当している。つまり、授業の一環なのだ。出た収益は、クラスできちんと配当し、さらに地域の慈善団体への寄付もしっかりするという具合で恐れ入る。

     今年は、5時間にも及ぶパーティとなり、観ている私もクタクタになってしまった。なにはともあれ、年度末は行事が多くて疲れます……。
    | yahoi | ハイスクールネタ | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://yahoi.gogo.chips.jp/trackback/714677
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    このページの先頭へ