みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
<< 夢を語るオトコ!(カスタム箸のまき) | main | たくさんの涙!オバマ大統領誕生の日 >>
超ムカつく話/TVコンバーターの巻
0
    2009年2月17日を持ってアナログ放送が終了する。

    とは言うものの、アメリカでは、ほとんどの家はケーブルかサテライトによる電波受信サービスを利用してテレビ視聴をしているので、テレビがデジタル対応ではないからと言って、困る人は少ない。

    もともと我が家はテレビを見ない暮らしを送っているので、テレビが見えなくともいっこうにかまわないのだけど、学校の休校、開始遅延の情報は、ローカルニュースのテロップで知ることができるので、特に雪で休校の多い冬場は、朝ニュースをつけている。室内アンテナでも、CBS系のローカル放送とPBS(アメリカの教育テレビみたいなもの)だけはちゃんと映るのだ。

    さて、2月17日を持ってアナログ放送が中止となると、我が家は朝のニュースが見えなくなるので、デジタル電波を見られるようにするコンバーターを取り付けなくてはならない。

    アメリカ政府は、150億ドルを投じて、希望者には1枚40ドルのコンバーター購入用クーポンを配布している。一軒につき、2枚までもらえるというので、2枚を予め手に入れておいた。

    このクーポンを使えば、コンバーターは無料という広告を目にし、近所のABC Ware Houseに買いに行った。私は個人的にこの店が嫌い。歩合制のセールスマンが口八丁手八丁で寄って来てしつこいからだ。

    店員に2種類あるコンバーターのどっちがお勧めかを聞いた。1つは、中国製ながら、日本の会社なので、そっちがいいかと思ったけれど、店員が断然こっちというので、その言葉を信じて、クーポンを使い、消費税を別途払い“買って”来た。

    通常、この店はリターンポリシーが3日しかないので、家に帰りすぐに試してみたら、デジタル信号は受信しないし、パワースイッチの反応は鈍いし、プラグのところは、接触不良気味だし、この商品、欠陥じゃないの?というようなシロモノ。

    冗談じゃない、たとえクーポンを利用したにしても、使えないようなコンバーターならジャンクでしかない。すぐにレシートを持って店に、交換してもらうように申し出た。

    すると、店員何人かが揃って、「この商品に限ってはたとえ、欠陥品だとしても、直接メーカーに交渉して下さい」と言って交換に応じない。アメリカでは、「気に入らない」「気が変った」という理由でも、ポリシーにある範囲内なら交換も返金にも応じるのが普通。今回は、政府発行のクーポンを利用しているので、確かに返金に応じることはできないかもしれないけど、交換するのは、売った責任として当然のことではないか。

    ……が、店員の言い草が頭にくる。
    箱を指さし、「店には返品しないように」とここに書いてあるという。確かに書いてあるけど、それなら売るときに、「いかなる理由でも返品、交換はできない」と告知するべきだ。それを聞けば、たぶんこの商品は選ばなかった。

    それにしても、こっちがいいと勧めためたのはそっちでしょ?勧めたのがジャンクなんだから、その責任はとるべきだ。

    ところが、交換に応じることができないという理由がもっとふに落ちない。この商品は当店もメーカーに返品できないから、交換できないと言う。

    ???「じゃあ、売った責任はどこにあるの?」と言い返したら、

    「あなたはクーポンを使ったから、タダでゲットしたでしょ」と来た。

    「私は政府からもらったクーポンを使って、あなたの勧めた商品を買いました。その証拠に、お宅の店は、40ドルの売り上げがあったでしょ?勧めた責任も売った責任も取らないの?」

    こんな押し問答が続いたけど、コンバーターのメーカーに、電話すれば、何らかの対応をしてくれるからと、Call 800 の繰り返し。頭に来て、地元の新聞に言うよって言ったら、あなたの気持ちはわかるけど、できないものはできないと、埒が明かず。

    ひょっとすると、この商品はもともと欠陥の多いジャンク品で「ABC Ware House」が破格値で仕入れたのではないかと思えてくる。利幅が多いので、あんなに熱心にこっちを勧めたのに違いない。

    それにしても、こんなあこぎな商売が許されていいのだろうか。政府が救済措置としてクーポンプログラムを整えたのに、そこに付け込んで、いい加減な商品を作り、タダでもらったクーポンだからと泣き寝入りを狙って売りさばいているとしか思えない。だって、私が買いに行った日、同じ箱を抱えて返品に来た人を見たもん。あのオバサン泣き寝入り組かな?

    ちなみに、ターゲット(別のスーパー)で確認してみたら、クーポンを使ってコンバーターを購入した場合、返金に応じることはできないけど、交換はできるという。

    もう1枚残っているクーポンは、正しい店で正しい商品購入に使おうと思う。

    あ〜久しぶりにムカつくできごとだった。
    ABC Ware Hause ×です。


    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ  blogranking




    | yahoi | えっ?うそっ〜! | 12:18 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -
    新年おめでとうございます。モントリオールの昌子です。
    カイシャは私の自称ペンネーム、って隣の美猫の名前。

    ここも店員のセールスピッチはすさまじいです。店のギャランティを売りつける為にまくし立てます。
    クーポン2枚とも使わなくって良かったですね!
    | カイシャ | 2009/01/18 4:45 AM |

    そうだった……。昌子さんだった。
    カイシャって、隣のネコちゃんの名前だったんだ。カイシャ=会社じゃないんだね。(笑)

    どこの世界にも、誠意のない仕事をする人、企業は存在しますね。

    | yahoi | 2009/01/29 12:46 PM |










    トラックバック機能は終了しました。
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>

    このページの先頭へ