みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
<< 髪の毛 | main | これも学校の勉強とは?! >>
ハイスクールタレントショー2010
0
    今年もタレントショーがやってきた。(早っ!) ※昨年の関連記事タレントショー2010
    二十組の出場者のうち、2グループだけが郡大会への切符を手にすることができる。

    ハイスクールライフも今年で終わりという息子は、連続優勝の記録をさらに更新しようとまたまたチャレンジ。

    前に受賞しているものが勝つのは簡単なことじゃないよ!と言い続けてきたが……

    「そんなことはわかっとる!でもオレはやる!」

    「みんながオレは音楽で出ると思っているし、勝てることがわかっているもので出てもつまんないから、新しいことにチャレンジするんだ!」

    (勝ちたいなら、得意なことでエントリーすればよいものの、わざわざ意地はって……)

    ってことで、今回は踊るそうです。
    それも、ヒップホップダンス!

    「あのね、踊りで人の心を掴むのは難しいよ」

    「いいんだよ。オレは挑戦したいんだ」

    「あのね、ジャッジは先生なんだから、Educational じゃないものでは勝てないよ」

    「いいって」

    まぁ、私のアドバイスなんて聞くわけもないけど、がっかりする息子を見るのもなんなので、一応アドバイスしてみた。

    正月あけから、学校一のヒップホップダンサーと言われているジョーとコンビを組んで、あ〜でもない、こ〜でもないと、曲選び、振り付け、演出、衣装、構成などなどと練習に励んでいた。

    昨日は、練習しすぎて筋肉痛で歩行も困難。さらに、段取りの悪い彼らは、本番二時間前だというのにまだうちで、お面に布をはったりとジタバタ。見かねてつい手伝ってしまった。(親バカ)

    こんな格好で踊り
    ブラックライトを使いこんな演出!

    練習ちゅうの様子を見せてもらえなかったので、私も今日初めて見た。

    観客席後方から歌いながら舞台に上がり、観客に「あ〜あいつはまた歌うんだ」と思わせておいてから、突然ダンスに変わるという小細工でスタート。
    意外な展開に、一気に観客席から歓声が起こり、あとはブレークダンスを取り混ぜ、ぶっちぎりで踊りまくるというヒップホップダンスだった。

    結果発表!

    昨年に引き続きまた、優勝。

    本人は楽器を持たずにチャレンジして勝てたことがメチャうれしいようだ。

    「ほら!お母さん、オレってすごいでしょう。やれば何でもできるんだよ」

    (どこでどうまちがって、こんな自尊心の塊みたいな子になってしまったのか……)

    郡大会は、スポンサー付行事のため賞金がかかっている。

    さて、どうなることやら。
    郡大会は、私は日本に行っているので応援に行けません。
    | yahoi | ハイスクールネタ | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://yahoi.gogo.chips.jp/trackback/960588
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    このページの先頭へ