みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
<< 悔やみきれない事故 | main | The Last Day 〜ハイスクール最後の授業 >>
怪我も青春のひとコマ?
0
    水曜の夕方、息子の友達から電話。

    「ハルキが怪我したからエマージェンシールームに運んだの。すぐに来て!」
    私の心臓がパクパクしだした。
    何しろ、同級生が事故で即死という悲しい事故の直後である。

    落ち着いてきくと、命に別状なく、腕がどうかなってしまったというので車で2分先の総合病院のERに駆けつけた。

    駐車場で、この事故の会場(?)となったジョーの家のママが心配そうに待っていて開口いちばん、

    「ごめんなさい。私の家の庭で起こってしまったことです」

    「こちらこそご迷惑をおかけしました。どこにいても起こるときには起こるものですから、心配しないで下さい」

    待合室に着くと、息子の友達十数人も心配そうにたむろっていた。病院の事務員がまず、諸手続きをお願いしますと、真剣に読んでいたら何時間かかるかわからないような書類の山を差し出しサインを求めた。内容はたぶん、治療のあとで文句を言わないとか、治療費はちゃんと払いますといつた、誓約書みたいなものなのだろう。(ウンザリ〜)

    中に入ると、点滴に繋がれた息子がベッドで横たわっていた。

    安心したと同時に、三年前の骨折ジケンが頭をよぎりつい「また〜?!」という言葉がでてしまった。

    「お母さん、いいから。。。オレお母さんが何いいたいかもうわかっているから、何もいわなくていいから」

    聞くところによると、友達とスパーリングしていて転倒したひょうしに相手の子が腕にのっかってしまい激痛が走ったという。あまりに痛がる姿に居合わせたハイスクールキッズがビックリしてすぐにERに連れてきたという。

    レントゲンの結果、肘間接の脱臼とのこと。ドクターが「肘は、そう簡単には外れないんですけどね」と微笑んだ。

    たいしたことないとわかり、すぐに待合室に戻りみんなに報告した。何よりほっとしていたのは、ジョーのママだった。

    ここアメリカ社会では、たわいのないことでもすぐに訴訟になることがあるからか、責任逃れのためにも「我関せず」というパターンが多いなか、ジョーのママは、子を持つ親としていっしょに心配してくれたことに、私はとても好感を持った。こんな厄介ごとのわりには、なんだかとても気分がよかった。

    ジョーのママは、話しているといつもサモア人を彷彿とさせる。以前、子どもたちが我が家で遊んでいるとき、「うちの子が悪いことをしたら、どうかひっぱたいてやって下さいね」と言われたことがあり、アメリカ人の発言にしては、有り得ない!と驚いたものだ。

    今回の行動パターンもどうも、フツーのアメリカンとちがうと思ったら、プエルトリカンらしい。なるほど……!サモアンを彷彿とさせるのも、まんざらまちがってない。

    さて、大事に至らなかったことがわかってから、たむろっているキッズに事情を聞いたら、一部始終を撮影してあるビデオがあるからと、その場で見せてくれた。(さすが今どきのキッズだ)

    治療を受けている息子のところに、友達も入っていいよという病院側からの許可がでたので、「心配モード」から一気に「イベントモード」に切り替わった。

    Party at ER
    (病室なのになんて青春チック!)

    待っているあいだに、"Get Well" の風船とお菓子と寄せ書きの書かれたカードがすでに用意されていて、処置室はハイスクールキッズが集うパーティー会場と化した。

    大事にならなくて、ほんとによかった。
    そして、大切なコンサートが全て終わったあとというのもよかった。
    でも、左手が固定されてしまったのでしばらく左手は使えない。
    まぁ、この程度の不自由はたまにはいいクスリでしょう。

    Twitter「つぶやく」ボタン

    | yahoi | えっ?うそっ〜! | 14:17 | comments(4) | trackbacks(0) | - | -
    若者の死は突然やってきますね。
    うちの子供たちの同級生もやはり一人ずつ自動車事故で亡くなっています。
    こちらはスピードが出せちゃうだけに、運転が未熟な場合対処しきれない場合もあるのでしょうね。
    人ごとではないだけに本当に怖いです。なくなったお嬢さんのご冥福をお祈りします。

    そして息子さん!
    大事には至らなかったとはいえ、しばらく使えない不自由があり家族も大変ですね。
    まぁもうすぐ夏休みだし、大人しくしてもらいますか(苦笑)。
    どうぞお大事に。
    | wbmom | 2010/05/25 4:50 AM |

    確かwbmomさんちもお嬢さんが少しまえに事故されたんですよね。驚かれたことでしょうね。何もない毎日のことのが奇跡といえるのかもしれませんね。
    しかし、懲りないのはうちの息子。
    今日学校で、ドラマーとサックス奏者を従えて、本人は固定してある包帯を勝手にとってギター弾いて舞台で歌ったらしいです。(~_~;)
    | yahoi | 2010/05/27 2:28 PM |

    久しぶりにこんにちは!

    あら〜骨折ですか!!
    再生機能はまだ衰えていないと思いますので、復活!も早いことでしょう〜
    (またまた、治療費の事を考えると目眩がしますが)
    Get well soon!

    そうそう、Akikoちゃんに女の子が生まれました。
    focebookで検索すると、お目にかかれますよ。

    そちらはもうすぐ夏休みですね。
    Have fun!

    | Mika | 2010/05/30 8:04 AM |

    Mikaさんこんにちは。
    メモリアルウィークエンドで町じゅうがシーンとしています。
    今回は脱臼ですんだので、もうキャストも取れました。
    治療費もばっちり保険でカバーのはず。
    忘れた頃にこういうこと起こりますね。
    先程Facebookからフレンドリクエスト送りました〜。
    | yahoi | 2010/05/30 10:12 AM |










    http://yahoi.gogo.chips.jp/trackback/979906
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    このページの先頭へ