みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
ギブス無事外れる
0
    骨折息子のギブスが無事、外れました。

    怪我の直後は完治はしないかと思うような手首のひん曲がり方に息子自身が恐怖を覚え、もうスケートは止めると私に約束したのに……。

    「のど下過ぎれば熱さ忘れる」とはよく言ったものだ。

    ギブスが取れたら、水を得た魚のように再びローラーブレードを履いて飛び出して行きました。

    あ〜あ。
    | yahoi | 暮らし・余暇 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    コンサート
    0
      スクールイヤーの年度末を迎え、何かと学校行事が多いこの頃。

      末息子は、ハイスクールの選択科目のひとつとして、ウィンドアンサンブルというオーケストラに参加しているのだが、今日は今年度最後のコンサートがあった。

      七年生からトランペットを始めたので三年が過ぎた。つい三年前には、音の出し方の基本から教えてもらったことを思うと、信じがたい進歩と言える。


      ジュピターを演奏するハイスクールの生徒達

      アメリカでは、才能のある子どもは飛び級があるように、先生の采配で進む子どもはどんどん進んでいくということもあり、うちの息子の場合は、中学が終わった時点で本来次に用意されているプログラムはスキップしてハイスクールの中でもさらに上級のオーケストラに参加している。

      年に、四回ほどのコンサートが催されるが、毎回新しい楽曲を演奏してくれるので、九ヶ月の間にかなりの曲をレパートリーとして身につけている。私が中学や高校生だった頃の音楽教育を思い起こすと、そのレベルの違いには圧倒されるが、それもそのはず、ここではもともと、音楽的才能のある子どもたちだけでどんどん進んで行くのだから。

      こうした教育方針の違いから、日本では広く浅くみ〜んないっしょに最低限の知識を習得するが、ここでは誰もが必ず何らかの楽器が弾けるということはまずない。アメリカ人に、日本では、小学生や中学生全員がリコーダーを吹けると言うと目をシロクロさせる。

      にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ




      | yahoi | Music 音楽を楽しむ! | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      母の日ミニライブ
      0
        5月の第2日曜日は、アメリカでも"Mother's Day"つまり「母の日」だ。

        娘のボーイフレンドが思いがけなくバラの花と黄色い菊の鉢植えを持って現れる。貧乏学生の彼なので、うれしいやら余計なお金を使わせたことが悪いやらという感じ。

        「ちゃんと自分のママにもあげた?」と聞けば、自分のママはこの町にいないんだからいいよとのこと。

        聞いていたMikiが、実のママよりも、私の方がはるかに彼のママをしているんだから、遠慮なくもらっとけ……とボソリ。

        お花をもらい、悪い気はしない。ただ、いい気分だけどうちの子どもたちは?まぁ、期待もしていないけど……っと思っていたら夜になって、「母の日」に捧げる"Mother's day concert"開催のお呼び! 

        会場の地下室に下りる。
        Mother's Day concert

        息子たちがドラム、ベース、ギター&ヴォーカルで私好みの歌を演奏してくれた。上手い下手はともかく、こういう“ひととき”がいちばんうれしい。


        本日の曲目
        ・ギターは泣いている / byジョージハリスン
        ・Show me the way  / by ピーターフランプトン
        ・ミセス・ロビンソン / by サイモン&ガーファンクル
        ・言葉にできない   / byオフコース
        ・呪われた夜   / by イーグルス
        ・リトルウィング / by ジミーヘンドリックス

        などなど、70年代にロック少女だった母向けのラインナップでした。

        にほんブログ村 家族ブログへ
        | yahoi | Music 音楽を楽しむ! | 05:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
        卒業の季節
        0
          アメリカの大学では卒業の季節が到来。

          卒業の季節です

          家族と共に卒業式に出席した後、思い出のギャンパスのあちこちで、記念撮影をする光景が見られましたが、2006年度が終了し、学生たちは故郷に戻って行きました。

          春が来た
          そして日頃賑やかな大学キャンパスに束の間の静寂が訪れました。
          新緑や花が見事です。
          | yahoi | カレッジネタ | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
            12345
          6789101112
          13141516171819
          20212223242526
          2728293031  
          << May 2007 >>

          このページの先頭へ