みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
これも学校の勉強とは?!
0
    息子が取り組んでいる“勉強”がおもしろいので紹介する。

    公立のハイスクールにお世話になっている末息子は選択科目として、ビジネスマネージメントというクラスをとっている。文字通り、ビジネスを学ぶらしいが、これが教科書を使って書いてあることを学ぶのではなく、自分たちで、会社を起こして経営してみるという実践教育なのだ。

    ほんとの会社みたいに資本金を持ち寄ったり、株を売ったり、配当がでたり、何をつくり、何を売り、どう利益を出し、どのように社会貢献するかまでを学校内でできる範囲で実地体験するというものだ。

    宿題しているところなんて、見たことがないのにこのところ、帰宅するとパソコンでなにやらやっている。

    「何やってんの?」

    「学校で流す、テレビコマーシャル作っている」

    「なんのために?」

    「ビジネスのクラスで、マイルスミラクルするんだ」

    マイルスミラクルというのは、癌の闘病で苦しむ人々への募金活動のこと。ビジネスのクラスの一環として、募金活動を成功させるために、生徒に企画立案をさせて、マーケティングのノウハウを勉強をしながら多大な寄付集めを成功させている。

    今回のアイデアはちょっとおもしろい。

    ハイスクールの生徒に、ただ寄付を呼びかけてもなかなか応えてくれないことは、企画者であるハイスクールキッズがいちばんよくわかっている。かと言って、原価のかかるモノを売るでは、つまらないしエコではない。そこで原価はかからず、ハイスクールの生徒が喜びそうなこと!を考えた。

    1枚1ドルのハート(といってもただのハート型の紙)が700枚売れたら、1日バッキイ君が校長先生に、校長先生が生徒になるというインセンティブを考案。バッキイ君というのは、ビジネスを受講している生徒のうちの一人で、キャラクター的に、彼が校長先生になったら、かなりウケルというタイプの子だ。(少し小太りで、陽気でのったり、まったり系?)

    1ドルをみんなが寄付してくれたら、この夢のようなばかばかしい1日を楽しめるというすんぽうだ。

    この、試みを成功させようと学校じゅうに流すCMを製作するのが今の息子の仕事らしい。CMでは、バッキィ君が1日権威を持って校長室に座り、校長先生は1日生徒としてバッキィ君が受けるべき授業を受けるおかしさを表現していた。

    「Buckey for Principal!! Yes we can! 」

    CMを覗き見した限りでは、かなり上手くできていて爆笑モノ。700枚のハートが売れることを目標に、学内放送でじゃんじゃんCMを長すのだそうだ。

    こんなのが学校の勉強?という疑問はなきにしもあらずだけど、CMの構成を考え、出演者に対しての演出指導、撮影、編集に至るまで、かなりの作業ということは伺える。著作権に気を配りBGMまで自作曲だというのだから、これに要求されるスキルはケッコウなものだ。「好きじゃなきゃ、やっちゃおれんレベル」と思われる。

    完成したら拝借してここでぜひとも紹介したいと思うけど……コピーライトはどうなのかな?
    | yahoi | ハイスクールネタ | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    ハイスクールタレントショー2010
    0
      今年もタレントショーがやってきた。(早っ!) ※昨年の関連記事タレントショー2010
      二十組の出場者のうち、2グループだけが郡大会への切符を手にすることができる。

      ハイスクールライフも今年で終わりという息子は、連続優勝の記録をさらに更新しようとまたまたチャレンジ。

      前に受賞しているものが勝つのは簡単なことじゃないよ!と言い続けてきたが……

      「そんなことはわかっとる!でもオレはやる!」

      「みんながオレは音楽で出ると思っているし、勝てることがわかっているもので出てもつまんないから、新しいことにチャレンジするんだ!」

      (勝ちたいなら、得意なことでエントリーすればよいものの、わざわざ意地はって……)

      ってことで、今回は踊るそうです。
      それも、ヒップホップダンス!

      「あのね、踊りで人の心を掴むのは難しいよ」

      「いいんだよ。オレは挑戦したいんだ」

      「あのね、ジャッジは先生なんだから、Educational じゃないものでは勝てないよ」

      「いいって」

      まぁ、私のアドバイスなんて聞くわけもないけど、がっかりする息子を見るのもなんなので、一応アドバイスしてみた。

      正月あけから、学校一のヒップホップダンサーと言われているジョーとコンビを組んで、あ〜でもない、こ〜でもないと、曲選び、振り付け、演出、衣装、構成などなどと練習に励んでいた。

      昨日は、練習しすぎて筋肉痛で歩行も困難。さらに、段取りの悪い彼らは、本番二時間前だというのにまだうちで、お面に布をはったりとジタバタ。見かねてつい手伝ってしまった。(親バカ)

      こんな格好で踊り
      ブラックライトを使いこんな演出!

      練習ちゅうの様子を見せてもらえなかったので、私も今日初めて見た。

      観客席後方から歌いながら舞台に上がり、観客に「あ〜あいつはまた歌うんだ」と思わせておいてから、突然ダンスに変わるという小細工でスタート。
      意外な展開に、一気に観客席から歓声が起こり、あとはブレークダンスを取り混ぜ、ぶっちぎりで踊りまくるというヒップホップダンスだった。

      結果発表!

      昨年に引き続きまた、優勝。

      本人は楽器を持たずにチャレンジして勝てたことがメチャうれしいようだ。

      「ほら!お母さん、オレってすごいでしょう。やれば何でもできるんだよ」

      (どこでどうまちがって、こんな自尊心の塊みたいな子になってしまったのか……)

      郡大会は、スポンサー付行事のため賞金がかかっている。

      さて、どうなることやら。
      郡大会は、私は日本に行っているので応援に行けません。
      | yahoi | ハイスクールネタ | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      髪の毛
      0
        次男の髪は長い。

        「ねぇ、その長い髪、いい加減に切ったらどう?掃除機のタービンブラシにまとわりついてやっかいなんだよね」

        主婦の立場からずっとブツブツ言ってきた。

        今日、次男の友だちが遊びにきたと思ったら、バスルームに二人がこもって、髪を切り出した。友だちに切らせるってとこが次男らしい。

        「髪は10インチ以上のところで切れよ」

        「わかってるよ」

        男同士がそんな会話(英語だけど)をしながら、床屋さんごっこ。

        切った髪をやけに丁寧に扱っているなと思ったら、“もったいない”から寄付するんだという。
        切られた髪
        45cmぐらい

        「切った髪がもったいない」の意味がよくわからなかったけど、こんな団体があるそうだ。

        放射線治療やいろんな病気で髪の毛を失ってしまった子どもたちに、カツラを提供するための材料になるとのこと。束ねて、ビニール袋にいれて↓に送るだけ。
        Locks of Love
        234 Southern Blvd.
        West Palm Beach, FL 33405







        | yahoi | 暮らし・余暇 | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << January 2010 >>

        このページの先頭へ