みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
追っかけママのコンサート追跡
1
8月から末息子は、音楽専攻の大学生になったので、ちょくちょく大学で開かれるコンサートを覗いている。

息子の場合、音楽専攻といってもクラシック音楽とか音楽教育に興味があるわけではなく、ジャズは続けてもいいかな……そして大学行くのに、“何か”は勉強しないといけないけど、楽しく勉強できるのは他にはないから、まあいいかっというノリの音楽専攻といえる。「ほんとうにしていたいこと」はヒップホップミュージックを作ることなのだ。

でも、音楽をメジャーとする限りはピアノのレッスンから、音楽理論など、基本的なことは全て専門的に勉強しなければなららないので、好きなことに時間を使えず、それはそれで苦痛らしいが、時間をみつけてはヒップホップの曲作りを続けている。

大学でのジャズ活動に関してはJazz Lab1という、大学の中でいちばん優秀なプレイヤーで構成されるバンドに入れてもらえ、毎日、かなりハードルの高い練習をしているもよう。ハロウィーンの夜、初コンサートを見たけど、曲の難易度も、演奏の完成度確かにハイスクール時代とは雲泥の差だった。

今日は、クラシックのトランペットアンサンプルのコンサートを聴いた。そのコンサートから戻る途中、公立図書館の横で息子が乗っているはずの車を発見!「図書館に用などあるはずないのに……」

すぐにピンと来た。

市の公立図書館では毎月1回、地元のジャズプレーヤーを招いて、ジャズコンサートを開いている。なんてことはない、こっちのコンサートにも出演が決まっていたため、アンサンブルのすぐあと、図書館に直行したようだ。(私に隠していた!)

いつでもどこまでも、ママが追っかけてくるのは嫌なのか?私が子どもの演奏会をひとつも見逃したくないと思っているというのにけしからん奴だ!プンプン。

今週は、老人ホームへの慰問コンサートもあるというが、追っかけママは遠慮しておいてやるか。
| yahoi | 行ったよ。見たよ。 | 14:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
コロラド・ロッキーマウンテン
0
    ぎょぎょ、このブログ最後に更新したのが8月。
    あれこれ、バタバタしていいるうちにもう11月も半ば。生きています。

    ロッキーマウンテン
    11月5日から8日まで、Mikiのデンバーへの出張に便乗してコロラドに行って来た。せっかくのコロラド初上陸なので、観光地にも足を伸ばそうと、5日の日にはエステスパークのスタンレーホテルを予約しておいた。

    スタンレーホテルはスティーブンキングの小説、シャイニングの舞台となったホテルで、実際に、シャイニングのミニシリーズはこのホテルで撮影されている。

    エステスパーク
    左後方に小さく見えるのがスタンレーホテル

    スタンレーホテル
    スタンレーホテルの正面

    景色はすばらしい
    そろそろオフシーズンだというのに、観光客はかなりいた。

    スタンレーホテルのロビー
    1909年、約100年たっているというホテルだけあり、アンティークな雰囲気が漂う。ゴーストが出るにふさわしいおもむき。ホテルでは観光客向けにゴーストツアーなるものが催されている。

    ゴーストが出るといわれる217の部屋
    ゴーストが出るといわれている部屋の前を通りかかったら、ちょどクリーニング中だったので、ちゃっかり中を見せてもらいパチリ。古いだけに、決して設備が整っているわけではないが、観光地であり、観光客向けのホテルなので、宿泊料金はけっこうなお値段。

    エステスパークの街並み
    そして、こちらはエステスパークの街並。ロッキー山脈国立公園入り口にほどちかい、リゾートタウンとして知られており、小さな町にはお土産やさんが立ち並び、ロッキーマウンテンのゴージャスな景色を背景に、観光客は徒歩で町を散策できるようになっている。

    エステスパークからデンバーに戻る途中には、Boulderというかわいいカレッジタウンにも寄り道。在コロラドの知人にボルダーは、University of Colorado(コロラド大学のボルダー校)があり、若者のパワー溢れる町だから「是非寄るといいよ」というアドバイスをもらい、さっそく訪ねてみた。

    ボルダーダウンタウン
    なるほど〜!かわいいし、カレッジタウンだけあり、活気に溢れている!

    銅像かと思ったら、大道芸人のおじさんだった。
    銅像かと思ったら、おじさん動いた!こんな変な人(大道芸人?)もいるし、あちこちで、ストリートミュージシャンが演奏していておもしろい町でした。

    ベトナムフォー
    そして、デンバーではライター仲間のこずえさんにお会いし、ベトナム料理のお店でランチ。そして、コロラドらしい、壮大な景色を見ながらのドライブの後、Red Rocksに到着。

    レッドロックス

    楽しい思い出をいっばいの旅となりました。
    | yahoi | 行ったよ。見たよ。 | 14:04 | comments(3) | trackbacks(0) | - | -
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << November 2010 >>

    このページの先頭へ