みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
2011 夏の旅 その2  世界遺産「マンモスケーブ」
0

     旅の二日目。
    「世界遺産」の看板
    世界遺産の看板

    昨日の創造博物館では、地球は神が6日間で創造し人類も神が創り、人の祖先はアダムとイブであり地球の歴史は数千年と習った。(笑)

    その後での、マンモスケーブ体験。

    洞窟に入ると、地球の歴史が数千年のわけないことはひしひし伝わってくる。昨日、創造博物館をマジで見学していた人々は、この洞窟をどう見るのか?と素朴な疑問を抱きながら2つの洞窟ツアーに参加した。

    どんなところかというのは、Youtube に “mammoth cave ”と入れれば動画もたくさんヒットするので省略する。私たちが参加したのは、数ある洞窟ツアーのうちで、 Historic Tour と New Entrance Tour 。長男は質問があればすぐに係員にたずねるマメな奴なので、ガイドのおじさんにオススメを聞いて得た情報からこのふたつに決めた。

    どちらも洞窟の様子に特徴がありよいコンビネーションだったと思う。

    ついでにいうと、隅々までパンフレットを読んでしまう長男が、同日に2つ以上のツアーに参加する場合、2つめからのツアー料金が割引になる情報を発見したので、すでに買ってあったチケットを割引してもらうよう交渉したら快く返金してもらえた。(^_^)v

    ★ヒストリックツアー
    狭い、広い、などすべてを網羅したような洞窟の様子が見られる。

    ヒストリックツアー入り口
    洞窟への入り口

    Fat mans misery

    この幅はきつい
    こんなに狭い道幅のところもあるので、太った人はきついですよ。

    ★ニューエントランスツアー

    入り口
    ニューエントランスツアーの入り口はこのドア。


    狭い階段を降りる
    階段が多く、狭く縦に深い印象。

    鍾乳石が美しい
    鍾乳石が美しい

    ツアーはそれぞれ2時間以上かかるので、2つのツアーで4時間半以上穴の中にいたことになる。

    しかしこの「神秘!」にも感動したけど、

    地底深くに水洗トイレ

    この洞窟の地底深くに、観光客用に電気をはりめぐらし、水洗トイレが作ってあるアメリカの根性にも感心した。汚物はポンプで地上まで組み上げているそうだ。

    | yahoi | 行ったよ。見たよ。 | 02:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    2011 夏の旅 その1 創造博物館
    0
      最後に家族全員で旅をしたのは、2004年のこと。
       バージニア州・ノーフォークに住む幹の友人を訪ね、バージニアビーチでサモア以来の久しぶりの海を楽しんだあと、ワシントンDCに寄りスミソニアンなどの博物館巡りを堪能した。

       あれから7年も経ってしまった。子どもたちが大きくなってこれば、それぞれの予定もあり、家族でどこかに行くことを好まなくなるのは自然の成り行きだった。 加えて動物を飼ってしまったので家族の誰かがペットの世話をしなければならなかったりで、「一家揃っての行動は難しい」という状況の中で時は過ぎた。

      昨年、娘が就職して家を出ていったので、「家族揃っての行動はあれが最後だったかな?」なんて思ったりもしたが、なんとなく今回、全員揃って旅行!という運びとなった。

       なんてことはない。幹がかねてから行きたがっていた、ケンタッキー州にある、洞窟、マンモスケーブに夫婦で行こうと思っていたけど、ケンタッキーに行くには、オハイオ州を縦断することになるので、娘のところをストップオーバー地点と決めた。

       念のため娘に「マンモスケーブに行くけどあなたも行く? 世界遺産だよ」と聞いてみた。彼女は、少し前に「世界遺産巡りを趣味にする」と言っていたので、“世界遺産”を強調してみたところ、「仕事が休めたら行ってもいいよ」とのこと。 

      息子たちにも聞いてみたら、特に断る理由もないということなのか行くことに。 ただし、長男はマンモスケーブより、もっと行きたいところがあるという。 

      Creation Museum (創造博物館) に寄りたいんだけど」 


      調べてみると、ちょうど通り道にあるのでこちらに寄ってみることにした。 
      入り口前には巨大な恐竜が出迎え
      創造博物館入り口

       上でウィキにリンクしたので、説明は省略するが、つまり我々が学校で習ってきた常識である進化論を真っ向から否定し聖書に則って地球の歴史を説明している“博物館”がアメリカには存在するのだ。2007年のオープン以来、敬虔なキリスト教原理主義の信者をはじめ、クリスチャンに人気で大盛況とのこと。  もちろん、我が家はクリスチャンではないので、たんに話のタネというやつだ。 

      アダムとイブが人類すべての祖先?
      アダムとイブ

       この博物館を紹介しているこんな番組発見!



      日本では、お笑いネタになっているけど、アメリカではこういうノリは有りえない……。

      実は、アメリカという国はおもしろくて、この創造論を頑なに信じている人々も多いどころか、地域によって進化論、創造論に関してはたいへんなバトルが繰り広げられていたり、進化論を教えない学校もあるほどだ。

      公立学校に通わせると生物の時間に進化論を習ってしまうので、公立学校を敬遠する家庭もあり、ホームスクーリングがもてはやされるのは、このような背景があるからかもしれない。

      つまり、自分が住む地域の環境を事前に調べないと、知らずに引っ越したら、まわりがみんな盲信者ばかりだったとなれば、宇宙人と暮らすようなものだ。町ぐるみでアルコール類の販売も飲酒も禁止してしまっていることもある。

      まぁ、これもアメリカの一端。

      末息子は「こんな嘘を知るために一人25ドルの入場料を払うなんて馬鹿げている」とプンプンだった。(確かに……(^_^;))

      でも、お庭はきれいだったし。
      庭園はきれい

      これもアメリカ社会の一端という目で見るとそれなりにおもしろかった……かな?!


      | yahoi | 行ったよ。見たよ。 | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      車のエアコン
      0
         来週からケンタッキー州に家族で旅に出る予定。

        ところが、うちのタマのエアコンがぜんぜん効かない。タマは我が家の8人乗りのバンのこと。車が複数あるので、便宜上、各車に名前を付けている。タマのほかに、ポチ、ハチ、シロがいるが、タマ以外は5人乗りなので、6人で旅するにはどうしてもタマが必要だ。

        今回は、なんと7年ぶりに成り行きで家族揃っての旅が実現しそうだ。さすがにミシガンでも、このところ炎天が続いているので、エアコンなしはきつい。なんとしても、タマのエアコンを直さねばならない。

        車を買うことが大好きな幹は、どうせお金を使うならと、6人以上乗れる車を買い換えることにかなり意欲的。(まずい展開だ……)何軒か車屋を巡ったが、「コレだ!」という決め手の車に巡り合えず、じたばたしているうちに、出発の日は近づいている。

        エアコンが利かないのは、たぶんガスが抜けているからだろうと、息子にオートパーツショップでスプレー式のエアコン用補充ガスを購入し、注入するよう指示。説明書と格闘し補充は成功したものの、エアコンの風はまったく冷たくならない。結局、車底を走るパイプに穴があいていることがわかり、仕方なく修理工場へタマを連れて行った。

        「破損しているパイプの交換に千ドルぐらいはかかるだろう」とのこと。

        ゲ!高すぎる。走ることに何の支障もないどころか調子のよいバンなのだ。たかがエアコンの冷え具合だけに千ドルもかかるとは、ちょっと高すぎやん。加えてタマはもう11歳なのだから、高い修理代をかけるほどの価値ははっきり言ってない。

        といって、今回の旅は、近所ではなく、高速道路を百キロ以上のスピードで往復二千キロを走る予定なので、窓を開けたまま、暑さ堪えてというのは、あまりにきついだろう。

        困った、困ったと言いつつ、ダメ元で別の修理屋に聞いてみた。その店では、ダメージのあるパイプ全体を交換すれば、かなり修理費は高くなるが、穴の開いている箇所だけ切り取って新しいパイプと入れ替える方法なら、240ドルぐらいで直るだろうとの見積もり。

        「安いじゃん!」

        先に千ドルと聞いた後なので痛いながらも安い気ががしてしまう。

        修理を頼むことにした。良かった。これで快適な旅に出れそうだ。


        | yahoi | えっ?うそっ〜! | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
        髭、流行ってます。
        0
           最近、なぜか我が家では髭が流行ってます。

          3人の息子のうち二人と夫が髭を生やし始めていて、ちょっと気持ち悪い。

          おまけに、末息子は、突然、髪の毛を五分刈りに。友達に刈ってもらったらしいけど、ヘアスタイル変えて、あごにヒゲが生えて、まるで別人のよう。

          | yahoi | えっ?うそっ〜! | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          31      
          << July 2011 >>

          このページの先頭へ