みしがん・でいず

「ぼへみあん・ぐらふぃてぃ」http://gogo.chips.jp/ USA編。

のんびりゆったり子育てとシンプルライフを求めて、家族で南国サモアに移住。その後さらに米国に。日本を脱出してから、かれこれ19年が経ち子どもたちは成人してしまいました。米国・ミシガン州より発信していますジャズ好き、アラフィフ。
あけましておめでとうございます
0
    あけましておめでとうございます。
    本年もどうぞよろしくお願いします。

    ここの暮らしではたいして正月気分は味わえない。
    正月といえば三が日ゆったりという感じもなく、公立学校は今年は3日にスタート。

    御節料理らしいものも作らないかわりにせめてもの正月気分ということで、今年は散らし寿司で新年祝いました。

    我が家の散らし寿司2007
    材料はうちの冷蔵庫にあったもの。卵、アボカド、エビ、カニかまぼこetc
    | yahoi | 作ったよ。食べたよ。 | 06:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    桃、もも、ピーチ
    0
      我が家の庭に、桃の木が二本ある。

      消毒をしたり、肥料を与えたりという手入れなど何もしないのに、毎年、今頃の時期になるとけな気に実をつけてくれるので、庭からほんのりと桃の芳香が漂ってくる。

      うちの桃です。ちゃんと桃でしょ?

      今年は、一本の木はほとんど実をつけなかったが、もう一本の木はとっても豊作で、ひとつひとつの実もまあまあの大きさ。ここでは、スーパーで買った桃でも日本で食べるようなおいしい桃には出合ったことがないので、もともとフルーツに対して味の期待はそれほどしてはいない。木でしっかり熟した我が家の桃の味はまあまあだが、同じ木の桃でも、上の方に生っているものが甘いらしく、下の方の桃は甘さが弱いようだ。

      実が熟し始めると、ドサドサと木から落ちてしまい、落ちるとすぐに蟻がたかってしまうので、桃が熟し出すと桃から目が離せない。スーパーで買えばセールで約1ドル/LBだと思うと、ボタボタ落ちて腐らせてしまうのはどうにも悔しい。

      そんなわけで今週は何百という数の桃を収穫し、友達に分けてあげたが、それでも食べきれないので、「夕食は桃!」と言って、てんこ盛りの桃を食卓の上においてやった。子どもたちは、「夕食がピーチ???」とはじめは怪訝そうな顔をしたが、2日目には、「今日のご飯もビーチ?」と聞くようになり、「よしよし……。その調子」桃である程度お腹を一杯にしてから、夕飯を食べさせるという作戦は成功した。

      さて、桃との格闘が終わったら次はリンゴだ。



      | yahoi | 作ったよ。食べたよ。 | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>

      このページの先頭へ